カテゴリ:art( 5 )

いつぶりー?!な、美術鑑賞。

先日、神戸市立博物館に

チューリヒ美術館展を観に行ってきました!
b0080236_1693087.jpg

入館すると今回の見所のひとつでもある作品から

作品に入り込んで撮影できるスポットが2つ作られています。

ひとつはこちらのゴッホ。
b0080236_1610594.jpg

もうひとつはルソーの一番上の画像の作品で

私はそちらで写真撮りましたよ(笑) ←笑 の意味は行くと??わかります(^^)

基本的に一人ひとりの画家の展示数は多くはありませんが

謳い文句の通り、「すべてが代表作」で見応え抜群です!

どれもよかったのですが

HPなどで画像案内のない

ピカソの『大きな裸婦』とムンクの『冬の夜』も

とってもとっても良かった。

鑑賞の後はポストカードを購入~。
b0080236_16141573.jpg
ポストカード用の額にいれたら飾れるし

観に行った記念にもなるので

絵画展に行くと必ずなにかしらいつも購入しています。

それにしてもわざわざ神戸まで観に行った甲斐があって良かった♡




どーでもいい話ですが『チューリヒ』って

思わず「チューリッヒ」と頭の中で言い換えてしまうのは私だけでしょうか?!(/。\ )
[PR]
by rinco01 | 2015-03-06 18:26 | art | Trackback | Comments(0)

行ってきましたー

みなさまー、GWいかがお過ごしですか?

私は暦通りですので、前半戦と後半戦のお休みとなります。

10連休の方、羨ましいわ~。

そんなGW前半戦、あっという間に終わってしまいましたが

絶対に見に行こうと思っていたと決めていた 

『森と湖の国 フィンランド・デザイン』 に行ってきました♪
b0080236_11283857.jpg
b0080236_11283811.jpg


場所は大阪市立東洋陶磁美術館で開催されています。

東洋陶磁美術館はこのブログにも登場したことのある、GARB weeksと目と鼻の先にあり、
(帰りにもちろんランチして帰りました~)

お天気にも恵まれた日で、ここら辺にお出かけするのに最適でした^^

展示会の内容的には今なお続いて商品として販売されているものも展示されていますが
(ただそれはそれで凄いことですよね~)

普段日本では普通お目にかかれない作品も多数展示されていて

イッタラ好きというか特にカイフランクやオイヴァトイッカ好きな方には

ヨダレものかと(笑)

b0080236_11283866.jpg
もちろん図録も購入です006.gif
[PR]
by rinco01 | 2013-05-01 12:38 | art | Trackback | Comments(0)

色彩の詩人


b0080236_2332882.jpg
先日の3連休、『シャガール展』を観に行ってきました070.gif

b0080236_23323410.jpg
お出かけといえるお出かけはこれだけ。
初日だけ少し曇りがちでしたが行楽日和の3連休、
本当は自然に触れたかったんですが、それが叶わず残念でした。

今回のシャガール展は初期の作品も多く
また版画やとても大きなタペストリーも展示され
初期から晩年までの約150点で構成されおり
見応えがあった展覧会だと思います!
b0080236_23345595.jpg
シャガールといえばこの絵葉書の上段真ん中の
色使いやタッチの絵を思い浮かべるのが一般的かと思われます。

私も今までこのタッチの絵画を見る機会が殆どでしたが
今回はこのシャガール展でも呼び物にしていたシャガールの
初期の集大成ともいえる壁画大作『ユダヤ劇場』全7点がみたかったんです。
b0080236_23362621.jpg
この絵葉書の絵がその7点のうちの4点にあたります。


ちなみにこの絵葉書・・・通常の絵葉書より長い!!
サイズ的に購入を悩んだのですが
欲しかった絵のものだったので
一緒に売られていたフォトフレームと共に買ってしまいました・・・(画像右上)
後からこの葉書サイズに合うフレームが欲しくなっても
なかなか手に入らないかなっと思いそうなると不便なので、思わぬ出費〜021.gif

しっかし通常のサイズで発売してくれたらいいものを...
私の絵葉書コレクション(笑)のフォルダに収納できずにやっぱり不便(><)/


今回の展覧会、
今まであまりシャガールの初期の作品を見る機会がなかったのと
版画も手彩が加えられた作品を見ることができ
私的にはとっても満足な展覧会でした
001.gif

[PR]
by rinco01 | 2008-10-15 10:57 | art | Trackback | Comments(9)

夏の終わりに

ずっと行こうと思っていたモディリアーニ展にやっと行ってきました!
b0080236_0525568.jpg
場所は国立国際美術館。
b0080236_0531233.jpg
入り口外観はこんな風になっていて、鑑賞スペースは地下になります。

作品的には有名なものも数点きていました。
案外デッサンの展示が多かったのか私的には少し残念でした。
しかしながら『一筆の線』のみで表現する肉体の動きは
シンプルであるがゆえに、その力量をまざまざと感じられました。

買って帰ってきたポストカードです。
b0080236_05352100.jpg
美術展に行ったら絶対に買っています001.gif

右下右端の絵が今回の美術展で一番お気に入りだった作品♡
ポストカードにもなっていて嬉しかったです♪

b0080236_102284.jpg
この作品の女性は
画家でもあるマリー・ローランサンがモデルと云われているのですが
知的な美人さんで、私好みの雰囲気♡♡♡
彼女の作品も結構好きなのですが、彼女が好きになりました(笑)

[PR]
by rinco01 | 2008-09-02 12:56 | art | Trackback | Comments(6)

美術鑑賞~♪

先日、国立国際美術館にベルギー王立美術館展観にいってきました。

b0080236_19401750.jpg最終日ギリギリ、久しぶりに絵画鑑賞です!(写真はここは入り口で展示場へは地下に降りて行きます)
なんの知識もなく観にいくと、、、絵画からおも~い感じが!
16世紀~20世紀の絵画が展示されているのですが、
16世紀~18世紀頃までの絵画、とっても重いのです(-_-;)
当時娯楽も少ない世の中、貴族達は絵の中描かれた、当時の思想や風刺などなどを、感じたりああだこうだと議論したりしていたのですがはっきりいって私にはみただけでは全く読み取れませんでした!当時と現代の感覚のズレもあると思いますが宗教など様々なものが背景にあるので知識なく理解するのは難しすぎるのです!!(><)


ただ、絵のもつ迫力や技術の素晴らしさはヒシヒシと伝わってきます。
人間の肉体の肉々しさなど唸りましたし、写実絵画に至ってはもう何百年も前に描かれたとは思えないほど輝きを放っていました!
そして当時の暮らしを絵の中から垣間見ることができたのが楽しかったです。(というかそんな感じでしか見れなかった!!(^^;))

今回特に印象に残っているのは
ペーテル・パウル・ルーベンスの『聖ベネディクトゥスの奇跡』
ヴァレリウス・ド・サーデレールの『フランドルの冬』
ルネ・マグリットの『光の帝国』
アドリアーン・ファン・ユトレヒトの『オウムのいる静物』
ジェームズ・アンソールの『怪物の夢を見る叔母』
ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンクの『孔雀』

中でもルーベンスの”聖ベネディクトゥスの奇跡”の展示の横にウジェーヌ・ドラクロワによって模写された『聖ベネディクトゥスの奇跡』も展示されており、二つの違い、オリジナルの力強い躍動感、ドラクロワの技術の高さが伺えて面白かったです。

そして出口までたどり着いたあとは、恒例のポストカード購入!
b0080236_1927019.jpg

絵画を観にいくと、必ず買ってしまいますA(^^;)

あとから知ったのですが、今回日本初展示となるピーテル・ブリューゲル〔父〕(?)の『イカロスの墜落』もメインだったようなんですが、記憶にあまりない!たぶん最初の方に展示されていてゆっくりみていなかったかも?!ポストカードは売っていたのをちゃんと覚えていて色合いも綺麗で買おうと思っていたのに、なぜだか最後に迷って買わなかったの!なんだか残念なことをしてしまいました(><)/
[PR]
by rinco01 | 2007-07-03 12:00 | art | Trackback | Comments(6)